忍者ブログ
MMO「マビノギ」タルラーク鯖に生息する月笛の語るあれこれ。
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕の歌声が
どんなときも
君を幸福にできますように
僕の腕(かいな)が
いついつまでも
君を護ってゆけますように

愛をこめて
祈りをこめて
薬指に約束を贈りましょう

喜ぶことも悲しむこともあるでしょう
僕は 君が流した涙の結晶を
葡萄酒に溶かして分かち合うでしょう
君が 僕の涙を月影に還すように

宇宙(そら)と大地の続く限り
君と共に歩いてゆきましょう

僕の歌声が
どんなときも
君を幸福にできますように
僕の腕(かいな)が
いついつまでも
君を護ってゆけますように

愛をこめて
祈りをこめて
君にくちづけを贈りましょう

永遠(とわ)の誓いを贈りましょう

 

 

 




 

フィアンセは、僕の腹筋を壊す作業が多すぎると思うんだ。

 

 

こんにちは、月笛です。

と、いうわけでですね。

 

 

本日、結婚することになりました。(いきなりですみません!)

 

 

お相手は同じギルドの秋飛ちんです。
口頭での婚約は少し前にしたんだけど、ギルメンの都合を確認するのに手間取り、えらく急な日程になってしまいました。だもんで、ちゃんと婚約したのは昨日だったり。
そんなバタバタな状態ではありますが、ご出席くださる方は、マハ大聖堂に本日の21:00頃においでくださいませ!
あっ、そういえばch決めてない……1chでいいか。いいよね。

 

実は、僕の方は数週間前から彼女との結婚を考えてたんで、これだけドタバタでもあんまり突然という気はしないんだよね。
でも、秋飛ちんの方はそうではなかった(まあ、多分僕がからかいすぎた)らしく、プロポーズからして大パニック。ここに至るまでの紆余曲折ぶりったらなかった……。

 

 

 


積極的な割に、極度の恥ずかしがり屋の秋飛ちん。
それまでも、好き好き言う割に僕が近寄ったら逃げちゃったりするので、わかってはいたけれど!
なんと、真面目にプロポーズしに行ったら、世界中を大逃走ですよ。
ギルメンに協力してもらってとっつかまえたと思ったら、また逃げるし。
あんまり逃げられるもんで、こりゃ埒があかんと思いました。

こうなったら、壁際に追い詰めて逃がさないようにした上で僕の真剣さをわからせなければなりません。



思いついたら即実行。



僕「わかった。そんなに逃げるんなら、僕、ダンバ広場でさらし者になってくるから」
秋「え。ちょ、何」

僕「ダンバ中央でを叫んでくるわ(※秋飛ちん的に、ものすごく恥ずかしいこと)」

秋「ちょえ、マジで?!」
僕「マジです」
秋「わ、わかった、話聞くっ。ちゃんと聞くから、それだけはやめてええぇぇぇぇぇぇぇ!



ここまで言って(脅して)、ようやく態勢が整ったと思ったら。

Slit_Full_Helm.gif

コレかぶってやがりました。(画像はwikiから)





僕「貴様……これから真面目な話をしようというのに、それはなんだ」
秋「バケツです」
僕「脱ぎなさい」
秋「嫌です」
僕「……いいから脱げよっ!」
秋「嫌だっ。バケツは私の一部ですっ!!



はい。わけがわかりません。



とにかくものすごい抵抗に遭いました。何を言っても、一向に脱ぎやがりません。
でも、これが秋飛ちんなんですよネ。
これはもう、仕方がない。





僕「わかった、もういい(深いため息)」
秋「?!」

 僕秋飛さん、僕と結婚してください

秋「なっ?!」

 

ついに諦めて、イディカイ着たバケツに向かって強引にプロポーズしてしまいました。
なんとゆうシュール。(涙目)

 

<以下、プロポーズ全文>

秋飛さん、僕と結婚してください。
脱げと言っても脱がないから、もうバケツごと愛することにします
ハゲヅラ(前科1)でもdevうさ(前科2)でもまるごと愛します。
結婚してください。

<ここまで>

 

美しさも甘さも全くありません。あっはっはっ!(超涙目)

ちなみに僕は、エレゴシスーツでビシッと盛装してました。
なんとゆうシュール。
なんとゆうギャグマンガ。(涙で前が見えないよ……!)

 

 

お返事してもらう時は、さすがに秋飛ちんもバケツ脱いでくれてましたが、僕らが真面目に幸せを噛みしめてたというのに、色々と邪魔が入ってこれまた涙目。
このあたりは秋飛ちんが語ってるので、こちらでご確認くださいな。

また、昨夜の婚約式でも結婚式の段取り相談中にギルメンが乱入。全員の腹筋が崩壊したわけですが、これはシェビさんのところでご確認を。

 

※ どちらも腹筋のライフポイントが激減します。覚悟完了の上ご覧ください。

 

 

そんなわけで、彼女のおかげでいつだって限界の腹筋抱えてる僕です。
笑いすぎで死亡寸前とかとっても幸せな毎日なので、数日前からちょっとしたお返しを考えてました。

で、冒頭の詩が出来上がったわけです。

秋飛ちんに捧げます。
これで夫が吟遊詩人だってことを実感するでしょう。
幸せを感じつつも、恥ずかしさのあまり悶絶してくれると非常に嬉しいです^^^


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あばばばばば

コメントするまでに時間がかかったあばばばばば
ついうっかり何度も読み返してたよ有り難う(≧ε≦)
でも、口付けまでは許さないんだぜっ
秋飛 2008/04/11(Fri)12:24:04 編集
お返事
予想どおりの反応(´ω`)シテヤッタリ

あっ
許して……くれないんですか……(´;ω;`)ウッ
月笛 URL 2008/04/13(Sun)19:55:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
月笛
性別:
男性
職業:
弓師/吟遊詩人
自己紹介:
タル鯖に生息中。
王子属性がある……かもしれない、らしい。
メインストリームはG2完了、覚醒したての新米パラ。
所属ギルドは「UMThunder」。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新コメント
[06/04 飾]
[05/23 月笛]
[04/17 飾]
[04/13 月笛]
[04/11 秋飛]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
リンク
マビサイト・ブログのみ、切り貼り自由。その他はご遠慮ください。
Mabinogi is ...
Developed by devCat , Copyright © 2006 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
アクセス解析
忍者ブログ [PR]